不妊症の検査: 不妊検査 2 精子検査でまさかの男性不妊(乏精子症:120万/ml)発覚!(夫31才・妻37才)

 
 朝、夫に口が広いプラスチックのカップに精子を取って DSC05555_thumb.jpgもらって、


冷えないようにハンカチで包んで不妊治療専門のクリニックへ


持って行きました。



 病院に着くと、まず受付を済ませてから、別の階に精子を出しに行きます。


容器には、マジックで夫婦2人の名前をフルネームで、蓋の上と、容器の横にも書いて、


間違いのないように提出する事になっています。




 結果は後ほど出るとの事で、別の階の待合室へ戻りました。


 お昼前の予約でしたが、相変わらず、ものすごく混んでいましたので、2人がけの


ソファーの間に座らせていただきました。




 1時間程待って、ようやく順番が来ました。



 

 まずは前回の報告をしました。大変言いにくい事で、どんな風に表現したらいいのか


全く分かりませんでしたが、主人は疲れ切っていて非常に難しかったのですが、やっとの


思いで頑張って、何とか何とか出来ましたというような感じでお話ししました。


 


 すると先生が、バイアグラを出しましょうかとおっしゃったので、ちょっとびっくりして、


思わず首をかしげてしまいました。興味はありましたが、薬の副作用が夫の体に悪そう


なので、どうかしらと考えて、ゆっくり首をかしげているうちに、そのままその話は終わり


になって、私の方も、もし必要になればその時に申し出れば、処方していただけると


分かりましたので何もお答えしないままにしました。

 



 先生が、受付であらかじめ提出してあった基礎体温表をご覧になって、排卵はされて


いますとおっしゃるので、あら?今日は内診は無しなの?ちゃんと診て確認してもらえ


ないのかしらと思いましたが、無しなら無しで良かったという気持もあって、やはり


黙っていました。



 


 気になっていた5cm、子宮大の子宮筋腫を来月には切らなくてはいけないのか


どうかを質問してみると、すぐにもなにも、取らなくてもいい!という事で安心


しました。




 また、色々勉強して、チーズが原因なのでは?と思い始めていたので、一応


お聞きしてみると、それは考えられないとの事でした。





 それから、たまに下腹部に痛みがあるとお話すると、もしかしたら筋腫の


せいかもしれないとの事でした。

 

 


 前回の私の血液検査の結果は異常なしで、夫の尿検査の結果も異常なしでした。


何の検査だったのかというお話は、異常なしだった場合には特にありません。


知りたければ検査前に自分で確認する必要があったと思いますが、まだこの時点では


あまり興味がありませんでした。異常がなければ、それで良し!という気持ちでした。



 

 

 最初に提出していた精子検査の結果も出ていました。


 精子検査の結果は非常に悪く、精子の数が、120万/mlで、運動量が30%


(全体の30%の精子しか、元気に動いていない)でした。


 

 数字を聞いても全然分からず、ぼーっとしていたら、先生から、普通の1/100の


数で、普通に妊娠する事はありえません。本当にこんなに少ないのかどうか、


10日後に再度精子検査をして確認しましょうとお話がありました。



 

 帰る時に、じゃあ、人工授精でお願いしますと申し上げたら、先生は、最高の


治療が必要かもしれませんとおっしゃいました。えっ????と思いつつ診察室を


後にしました。最高の治療というのは、もしかして、顕微授精(ICSI)の事でしょうか?

 



 家に帰って調べてみると、120万/mlの精子数が、普通の1/100というのは、かなり


控えめな言い方だったという事が分かりました。そして数によって名前が色々


分かれていました。ネットでも色々調べてみようと思ったら、男性不妊について


書かれているサイトは殆どありませんでした。

 




 朝までは、私の子宮筋腫が原因で子供が出来なかったのねと思っていましたが、


今度は新たに男性不妊(乏精子症)という原因も分かりました。正直、私だけが


原因じゃなくて良かったと思う気持がありました。少しほっとしました。


自分が原因で・・・と考える事は非常に気が重く、予想以上にストレスになっていま


した。




 不妊治療の説明会で、原因は男性側と女性側半々で、両方に複数の原因がある


場合もあるという説明は受けていましたが、そういう人もいるのね!という位にしか


思っていませんでした。まさか私たちが...。




 これで、2回病院へ検査に行っただけで、5cm大の子宮筋腫と、乏精子症が


相次いで見つかったわけですが、これで終わりではありませんでした。

 

 


 さて、精子検査の結果を夫に伝えなくてはいけないという問題がまだ残って


いました。夫は恐らくかなりショックを受けることでしょう。




 まずは、10日後にもう一度精子検査をするのだから、それまでは気にしないで


いようね。という方向で話してみる事にしました。





自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

 


 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年10月21日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症検査: 初めての不妊検査体験(37才)」です。

次のブログ記事は「リンク・相互リンク(不妊症関係)・管理人への連絡先について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。