不妊の原因: 結婚してから不妊治療専門の病院へ行くまでの間の自己流タイミング法を振り返ってみて(36才~38才前)


 ちょっと遅めの、36才で結婚した DSC05555_thumb.jpgので、早く赤ちゃんが


欲しいわ!と思っていました。

 


 でも、夫は6才年下で、まだ赤ちゃんが欲しいとは思って


いませんでした。

 

 

 それで、妊娠しやすい時期は知っていたので、その時期には、


出来るだけ夫婦生活を営もう!と、一人で勝手に目標を立てて、


赤ちゃんが欲しいからという理由は出さないようにして、


それとなく誘ってみたりしていました。(笑)

 

 

 夫は、とても仕事が忙しく、夜遅く帰ってきても、


ごはんを食べて、お風呂に入れば、後は寝るまでネットで


情報収集(これもお仕事のうち)という毎日でした。

 

 

 平日は疲れ切っているので、誘うのはかなり難しかったです。


 

 妊娠しやすい1週間だけを見てみると、その間に1回だけ


しか出来ていなかったという事になります。

 


 毎月、うーん、これではちょっと早いわよねー。


 今月は、ちょっと遅かったわ!という状況でした。

 

 

 月に1度しかチャンスがないので、1年、12ヶ月の間に、


タイミングがばっちり合った日が果たして何日あったでしょうか。

 

 

 これでは、不妊の原因がなくても、なかなか赤ちゃんは


出来ないと思います。

 


 不妊の原因がなければ、妊娠し易い5日間毎日、


もしくは、1日おき、最低でも2日おき、最悪3日おきに


夫婦生活を営めば、妊娠する可能性が高くなると思います。

 


 私たちの場合は、5日より長い、7日の間の1日のみ

でしたから、2年弱の間に妊娠に至らなくても何ら不思議は

ないです。


不妊の原因が何もなかったとしても。。。





自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧



 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年10月14日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊検査に行く前に出来る事: 妊娠し易い時期 (タイミング法)」です。

次のブログ記事は「不妊検査: 不妊の検査を受けてみよう!と、ようやく重い腰を上げることが出来た理由(37才)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。