不妊治療: 不妊検査は38才になる前に

DSC07986_thumb.jpg


はじめまして。 


果梨(かーりー)と申します。

 

芸能人の方などが、40代で高齢出産初産


されたと耳にすると、


「あ、もう今の時代は、40代でも初産出来るようになったんだ!」と


勘違いしてしまいます。

 

私がそうでした。

 

でも、現実はそんなに甘くはありません。

 

もしも、40代になったら、不妊かどうか病院へ行ってみよう!と

思っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、

是非とも、30代のうちに、一度、不妊検査をしてみて下さい。

 

普通の産婦人科ではなく、不妊治療で有名な不妊専門の病院を

選択されるのが、近道です。

 

不妊専門の病院では、ほとんどの方が2年以内に結果が出ます。

 

という事で、30代で出産する為には、

既に38才になっている方は、1日でも早く、重い腰を上げて

不妊治療専門の病院を調べて予約を入れてみて下さい。

 

 

私は38歳になる、2ヶ月ちょっと前に、不妊治療で有名な

不妊専門の病院へ行きました。

 

いきなり、5cm子宮大の子宮筋腫が見つかりました!!!

 

次に、夫の精子検査をしてみれば、男性不妊(乏精子症)が

発覚しました!

 

さらには、卵管造影検査をしてみると、片方の卵管が詰まっていて、

もう片方の卵管も、細くしか通っていない事が分かりました。

 

まさか自分達が、こんなに厳しい状況だなんて、

不妊検査をしてみなければ決して分からなかったでしょう。

 

私たちの場合は、体外受精、しかも、顕微授精(ICSI)が必要な

レベルでした。

 

驚きました~。

 

まさか自分たちに、そこまで高度な不妊治療が必要だとは、、、。

 

 

 

そこから、不妊治療について勉強する日々が始まりました。

 

顕微授精(ICSI)でしか子供が出来ないなら、1度だけやってみようと

思いました。

 

顕微授精(ICSI)する日を待っているだけではなく、自分達に出来る事は

全てやってみようと思いました。

 

 

それから、色々、、、

 

本当に色々な事がありましたが、

 

40才で、無事に高齢出産初産!赤ちゃんを産む事が出来ました。

 

ぎりぎりでした。

 

40才で高齢出産初産でも、ぎりぎりだったと思います。

 

もっと早い方がいいです。

 

少しでも早い方がいいと思います。

 

 

 

不妊治療について勉強した事、

 

そして、

 

実際に体験した、

 

不妊治療の検査や費用や治療の事、

 

顕微授精(ICSI)や、人工授精(AIH)の事、

 

流産や、医療費控除の事、

 

さらには、

 

私たちが、良さそう!と思って、実際にやってみた


妊娠しやすい体作りの事について、

 

これから少しずつ書いて行きたいと思います。

 

 

出来る事は全てしました。

 

それが、これから不妊治療される方の、

 

何かの参考になればと思います。

 

 

自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆  

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年10月 7日 00:00に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「不妊症とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。