不妊治療の流れ: 不妊症の原因・検査・治療・費用


 まず、不妊症の原因として、どんな事が上げ DSC07941_thumb.jpgられるでしょうか。


 女性の場合


 ・子宮の異常(奇形・子宮腺筋症・子宮筋腫など)

 ・ホルモンの異常

 ・卵管の異常

 ・排卵障害

 ・頚管粘液分泌不全

 ・免疫の異常(抗精子抗体など)

  など

 


 男性の場合


 ・精子数の異常

 ・精子の運動の異常

 ・勃起・射精の異常

  など




 女性の場合は、生理周期に応じて1ヶ月の間に何度か、超音波や、


血液検査などをする事によって、不妊症の原因を突き止めます。


 そして、原因に応じて、薬で治療しながら、タイミング法を


行って行きます。

 




 男性の場合は、マグカップ大の透明の容器に、自宅か、病院内の


おトイレもしくは、採精室で採った精子を提出して検査します。


 結果が悪ければ、血液検査や、診察、超音波検査なども


行います。


 そして、原因に応じて、薬で治療します。

 

 


 女性に不妊症の原因がある場合が40%、男性に不妊症の原因が


ある場合が40%、両方に原因がある場合が15%あります。

 

 

 

 不妊症の検査の結果、不妊症の原因によって、自然妊娠が


臨める場合は、タイミング指導を受けながら続けます。




 場合によっては、お薬を飲んで卵子の数を、倍に増やしたり、


注射を打って、卵子の数をもっと増やしたり、


子宮内膜を厚くする為のお薬を飲んだりして、


毎日病院へ通って、頚膣超音波で、お薬の効果や、卵子の状態を


確認しながら、排卵日を待って、今日が排卵日!という日の夜、


行うという事を、毎月繰り返して行きます。




 保険が効いても、毎回、3千円~5千円掛かります。


交通費も合わせると、連日通う場合、かなり負担になります。

 



 タイミング指導を受けてもなかなか妊娠しない場合や、


不妊症の検査の結果、自然妊娠は望めないと分かっている場合には、


人工授精(AIH:配偶者間人工授精)に進みます。



 

 人工授精は、保険が効かない為、1回の治療に、1万5千円から


2万円ほど掛かります。これとは別に、人工授精を実施する当日


までの間の、お薬や注射、診察代が掛かって来ます。




 人工授精の妊娠率は10%程で、不妊症の原因によって、


もう少し妊娠率が下がります。5回目までに妊娠すると


いい方です。




 

 人工授精(AIH)を10回程行ってもなかなか妊娠しない場合は、


体外受精(IVF)にステップアップする事もあります。

 


また、不妊症の原因によっては、最初から、体外受精(IVF)を


すすめられる場合もあります。

 


 体外受精(IVF)は、保険が効かず、大変高額な治療と


なります。



 病院にもよりますが、1回の治療に、35万~60万の費用が


かかります。 また、体外受精(IVF)を実施する当日までの


間にも、お薬や、注射、診察代が、別に掛かって来ます。




その、別に掛かる費用に保険を効かせてもらえるか


どうかによっても負担が変わって来ます。




 体外受精(IVF)の妊娠率は、30%程度と言われていますが、


妊娠の反応が出るのが30%という事で、元気な赤ちゃんを


手に出来る確立はずっと低くなります。

 



 
 不妊症の原因が分かって、初めから最も高度な治療が


必要な場合もあります。 体外受精(IVF)でも妊娠が


難しい場合には、顕微授精(ICSI)という治療を


行います。




 体外受精(IVF)までの治療は、人の手で受精させる


事はないのですが、顕微授精(ICSI)では、1番元気な


精子が選ばれて、取り出した卵子に、顕微鏡を使って、


針を刺して精子を注入するという治療をします。





 顕微授精(ICSI)の場合には、体外受精(IVF)よりも


5万円程、治療費が多く掛かります。





 倫理的な問題で、人工授精(AIH)には進まない方、


人工授精(AIH)までは進めて、体外受精(IVF)や


顕微授精(ICSI)には進まない方もいらっしゃいます。





自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧



 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年10月16日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 夫婦そろって不妊治療の説明会に出て思った事(37才)」です。

次のブログ記事は「不妊症の検査: もしかして不妊症?(不妊症検査一覧)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。