不妊症の検査: もしかして不妊症?(不妊症検査一覧)


 不妊症かどうかの検査で DSC07676_thumb.jpgは、以下の様な検査をします。


 ・超音波検査


 ・精子検査


 ・子宮内膜検査


 ・頚管粘液検査


 ・性交後検査


 ・内分泌検査


 ・子宮卵管造影検査


 ・通気通水検査


 ・感染症検査


 ・免疫検査


 ・子宮鏡検査


 ・腹腔鏡検査
  
  など



 初めて不妊かどうかの検査に行くタイミングはいつでも


大丈夫です。



生理周期に応じて、同時に複数の検査をしてもらえます。

 



そして、だいたい1ヶ月の間に、上記の中から必要な


検査を行いながらも、排卵日には妊娠を目ざします。


 

 病院によっては、希望をしても、やっていない検査が


ありますので、最初によくご確認下さい。


 

 検査には保険が効きます。だいたい、毎回3千円から


5千円程度必要です。





自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧


 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年10月16日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療の流れ: 不妊症の原因・検査・治療・費用」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般的な不妊治療一覧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。