不妊治療: 一般不妊治療 人工授精(AIH)の方法・妊娠率・費用

 
 人工授精とは、精子を人工的に子宮の中に注入する方法です。



 夫の精子を、妻の子宮に注入する場合を、配偶者間人工


授精(AIH)、夫以外の精子を提供してもらって注入する場合を、


非配偶者間人工授精(AID)と言います。




 最近では、高度生殖補助医療が進んで来たので、非配偶者間


人工授精(AID)は、体外受精や、顕微授精でも妊娠しない


場合に限って行われるようになりました。




 人工授精(AIH)は、乏精子症、精子無力症など、精液の


量、濃度(数)、運動率などに問題がある場合や、頸管粘液


(けいかんねんえき)分泌不全などで、精子が子宮に入り


にくい場合や、ペニスや膣の形に問題がある場合や、逆行性


射精、勃起障害(ED)や、射精障害など、性機能障害がある


場合や、原因不明不妊(機能性不妊)の場合に行います。





 人工授精(AIH)の方法は、基礎体温表や、超音波検査、


そして、尿検査でLH検査をして、排卵直前の時期を総合的に


予測します。




 排卵は、自然にまかせる場合と、排卵誘発剤を使って


確実に排卵させる場合があります。



 夫は、人工授精(AIH)にそなえて、4日~7日の禁欲


期間が必要です。




 人工授精(AIH)当日は、精液を培養液で洗浄や濃縮で


調整して、良好な精子を注射器で妻の子宮の中、1番奥の


方へ注入します。




 注入後は15分から30分(病院によっては2,3分)ほど


安静にして終了です。




 人工授精(AIH)妊娠率は10%です。人工授精(AIH)


妊娠する方は、5回めまでに妊娠しますので、7回程度を


上限とします。




 人工授精(AIH)は、保険が適用になりません。病院に


よりますが、人工授精(AIH)当日に自費で1万~3万円程度


かかります。




 

 人工授精(AIH)という一般的な方法ではなく、子宮鏡


下で、卵管内に直接精子を注入する、子宮鏡下卵管内


人工授精(HIT)という方法もあります。 

 

 


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月21日 14:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 精路通過障害(せいろつうかしょうがい)の手術」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART)とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。