不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 二段階胚移植(にだんかいはいいしょく)


 二段階胚移植(にだんかいはいいしょく)とは、体外受精で胚を2度に


分けて移植する方法です。




 1回目の移植では、通常の体外受精胚移植(IVF-ET)同様に、


4~8分割の胚を移植します。そして、2回目の移植は、胚盤胞


(はいばんほう)
まで培養してから移植します。




 1回目の胚が、子宮内膜を刺激して、着床しやすい状態になった


状態のところへ、2回目の胚盤胞(はいばんほう)を移植します。





 二段階胚移植(にだんかいはいいしょく)という方法を選択する


場合には、二段階胚移植(にだんかいはいいしょく)をしている


病院を事前に探す必要があります。

 



 胚盤胞(はいばんほう)とは?という方はこちらをクリックして下さい。 
 
 

 体外受精(IVF-ET)の方法・妊娠率・費用はこちらをクリックして下さい。



 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月27日 10:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 胚盤胞移植(はいばんほういしょく)」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 顕微授精(ICSI)の方法・妊娠率・費用・リスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。