不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART)とは

 
 体外受精-胚移植など、生殖に関わる技術を総称して、生殖補助医療


(assisted reproductive technology ; ART)と呼びます。




 生殖補助医療(ART)には、体の外に取り出した卵子と精子を


合わせて体外で受精させる、体外受精(IVF)と、体の外に取り出した


卵子に顕微鏡下で精子を注入する、顕微授精(ICSI)という、2種類の


治療があります。




 体外受精(IVF)は、人工授精(AIH)をある程度行っても妊娠しない


場合や、一般不妊治療では妊娠しない原因がある場合に行います。




 体外受精(IVF)は、卵子と精子を自然に受精させますが、


不妊症の原因によって、体外受精(IVF)では受精が難しい


場合には、最初から、顕微授精(ICSI)を行って、卵子の中に


精子を人工的に注入する場合もあります。





 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月25日 14:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 人工授精(AIH)の方法・妊娠率・費用」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 体外受精(IVF-ET)の方法・妊娠率・費用・リスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。