不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 体外受精(IVF-ET)の方法・妊娠率・費用・リスク

 
 体外受精で最も多く行われるのが、体外受精-胚移植(IVF-ET)です。



 それ以外では、体の外に取り出した精子と卵子を受精前に腹腔鏡下で


卵管内に戻す、配偶子卵管内移植法(GIFT)という方法や、



体外受精で出来た受精卵を、通常は子宮に戻すのですが、卵管に戻す、


接合子卵管内移植法(ZIFT)があります。

 



体外受精(IVF-ET)とは



 体外受精(IVF-ET)とは、精子と卵子を体外で受精させて培養し、


出来た胚(受精卵)を子宮の中に戻す方法です。



 卵管が両方とも閉塞している場合、排卵された卵子を、卵管に取り込めない


ピックアップ障害乏精子症精子無力症抗精子抗体があって、


受精が難しい場合、子宮内膜症の治療をしても妊娠しない場合、


原因不明不妊(機能性不妊)などの場合に、体外受精(IVF-ET)を


行います。






体外受精(IVF-ET)の方法

 



 採卵(さいらん)



 少しでも効率よく、卵子を1度に沢山取る為に、採卵(さいらん)前には


排卵誘発剤を使って、同時に複数個の卵胞が育つようにします。



 一般的には、排卵の時期をコントロールする為に、まず、GnRHアゴニスト


製剤(GnRHa)を投与し、続いて、FSHかhMG製剤を、毎日注射して行って


複数の卵法を成熟させます。



 毎日、超音波検査で卵胞の大きさ確認して、全部の卵胞が、充分に


成熟したところで、hCG製剤を注射して排卵を促します。



 採卵は、hCG製剤投与後、36時間で行います。全身麻酔または、


局部麻酔をかけて、超音波経膣プロープに針を取り付けて、膣から


挿入して、卵巣に針を刺して、卵胞から1つずつ卵子を吸い出します。



 1回の採卵で、平均10個の卵子を採取します。(35才以上の場合


には、5個程度です。)



 採卵で1度にどれ位の卵子が採取出来そうかという事は、月経周期


1日目(生理初日)に、次の卵胞が同時に育ち始めているのを


超音波検査で確認すると分かります。大体、毎月同じ位の数の


卵胞が育ちます。



 


 

 受精(じゅせい)



 精子は、精液検査の時と同じ様に、自宅か病院内で採ったなるべく


新しいものを洗浄・濃縮して、運動性の良い精子を回収します。



 シャーレの中に、卵子1個に対して、5から10万個の精子を入れて、


培養液の中で15~20時間培養すると受精します。



 受精卵は分割を進めてになります。


 


 



 胚移植(ET)



 受精後48時間で、4分割の胚になりますので、その中から1番


綺麗に分割している胚を選んで、胚移植用の細い管、カテーテル


入れて、子宮の中の1番卵管に近い奥の方に注入します。



 を子宮の中に戻すことを、胚移植(ET)と言います。



 質の良い胚が沢山出来た場合には、1度に子宮に戻す数を2個まで


などと制限して、多胚妊娠を避けます。




 残った胚は、凍結保存をして、次回に解凍して胚移植(ET)だけを


行うという方法もあります。


 



 胚移植(ET)後



 胚移植(ET)後には、着床を助ける為に、黄体ホルモン(プロゲス


テロン)の補充を行って、2週間後の妊娠判定を待ちます。



 

 



体外受精(IVF-ET)の妊娠率



 体外受精(IVF-ET)の妊娠率は、30%程度です。


 また、妊娠した場合の流産率は、24%程あります。


 体外受精(IVF-ET)で妊娠して、無事に出産に至る確立は、


10%程度です。

 



 



体外受精(IVF-ET)の費用



 体外受精(IVF-ET)は、健康保険の適用がありません。
 

 体外受精(IVF-ET)にかかる費用は、病院によって違いますが


20万~50万/回です。 

 


 



体外受精(IVF-ET)のリスク



 体外受精(IVF-ET)のリスクは、まず、排卵誘発剤の副作用として、


腹水や胸水をともなう、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。



 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は、1度に20個など、多くの卵胞が同時に


育って、卵巣が腫れあがる事です。35才以上の高齢の場合には、


あまり卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の心配はありません。



 また、採卵時には、出血や、麻酔のトラブルが起こる場合もあります。


 そして、1度に2つ以上の胚を移植(ET)する場合には、多胚妊娠


起こる可能性が高くなります。

 



 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月26日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART)とは」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 配偶子卵管内移植法(GIFT)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。