不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 接合子卵管内移植法(ZIFT)

 
 接合子卵管内移植法(ZIFT)とは、体外受精で出来た(受精卵)を


子宮ではなくて、卵管内に戻す方法です。





 接合子卵管内移植法(ZIFT)は、排卵障害機能性不妊子宮内膜症


原因不明不妊
ピックアップ障害男性不妊で、卵管が片方は通っている


場合に行います。





 接合子卵管内移植法(ZIFT)は、受精までは、体外受精胚移植(IVF-ET)と

全く同じで、胚移植時に、腹腔鏡下で手術卵管内に移植します。





 接合子卵管内移植法(ZIFT)は、受精は確認出来ますが、手術になり


ますので、体外受精胚移植(IVF-ET)と比べて身体への負担が大きくなります。

 


 
 体外受精(IVF-ET)の方法・妊娠率・費用はこちらをクリックして下さい。



 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月26日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 配偶子卵管内移植法(GIFT)」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 高度不妊治療(生殖補助医療;ART) 精子の凍結保存」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。