不妊症の原因: 不妊症の原因 子宮の異常 子宮腺筋症・奇形・子宮内膜ポリープ

 DSC05555_thumb.jpg

 子宮に異常があると、着床しにくくなって、不妊症の原因と


なります。



 子宮の異常は、子宮筋腫の他には、子宮腺筋症、子宮の奇形や、


子宮内膜ポリープがあります。

 

 


子宮腺筋症
 

 子宮腺筋症とは、子宮内膜に似た組織が、子宮の筋層内で増殖して、発育して


しまうために、子宮全体が大きく、そして硬くなる病気です。


 月経のたびに、どんどん増殖して出血し、壁が厚く、硬くなるので、着床しに


くくなります。

 

 

 

子宮の奇形


 子宮は、本来、真中に1つあって、左右に卵管が伸びていますが、


子宮が2つ(重複分離子宮)あったり、真中にしきり(中隔子宮)があったり、


上だけ2つに分かれて(単頸双角子宮)いたりします。



 子宮の奇形は、不妊症の原因になるだけではなく、流産の原因になる事も


あります。

 



子宮内膜ポリープ


 子宮内膜ポリープは、エストロゲンという、卵胞ホルモンの分泌が過剰に


なると、子宮の内膜が必要以上に増殖する事で出来る、良性の腫瘍です。



 子宮内膜がでこぼこになるので、着床を妨げます。





自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧



 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月 5日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の原因: 不妊症の原因 排卵障害」です。

次のブログ記事は「不妊症の原因: 不妊症の原因 頸管粘液分泌不全(けいかんねんえきぶんぴつふぜん)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。