不妊症の検査: 一般不妊検査 クラミジア抗体

DSC05557_thumb.jpg
 クラミジア抗体の検査は、月経周期にかかわらず行われます。



 クラミジアは、性感染症の一種です。感染すると、


おりものが増えて、放置すると、卵管から腹腔内にまで感染して腹痛を起こします。





 その時に、卵管がつまったり、卵管の周囲にくっつき、不妊症の



原因となります。


 



 血液検査で、クラミジア抗体があるかどうかを調べます。



以前にかかった事があれば、陽性になります。



その場合は、夫婦で抗生物質を服用して治療します。
 



自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧



 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月13日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 一般不妊検査 基礎体温測定(基礎体温表の付け方)」です。

次のブログ記事は「不妊症の検査: 一般不妊検査 精液検査 (精子検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。