不妊症の検査: 一般不妊検査 精液検査 (精子検査)


 精液検査は、5日~7日禁欲しておいて、自宅または、 DSC05527_thumb.jpg病院の


採精室でマスターベーションによって、透明で大きめカップ大の


プラスチック容器に採取します。

 



 その時、コンドームは殺菌剤が使われている場合もあるので使わない



で下さい。


 


 精液の、数=濃度、量、運動率、奇形率を調べます。


 


 不妊治療専門のクリニックでは、あらかじめ精液検査の予約をしておいて、



提出後、1時間程で結果が分かります。

 



 病院によっては、精液検査の結果が出るまでに1週間程かかります。

 



 精液検査の結果、数=濃度、量、運動率、奇形率の割合が基準に



満たない場合には、泌尿器科での精密検査が必要になります。

 


自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧


 タン先生の妊娠成功ガイドブックレビュー おすすめ度☆☆☆☆☆ 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月13日 15:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 一般不妊検査 クラミジア抗体」です。

次のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊検査=精密検査 腹腔鏡検査(ふくくうきょうけんさ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。