不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 子宮鏡検査(しきゅうきょうけんさ)


 子宮鏡検査(しきゅうきょうけんさ)は、内視鏡を、頸管(けいかん)から


子宮腔内に入れて、粘膜下の子宮筋腫や、子宮内膜ポリープなどを観る


検査です。




 子宮鏡検査(しきゅうきょうけんさ)で、子宮奇形や、癒着の状態も


分かります。




 軽い癒着をはがしたり、ポリープを切る事もできます。





 最近では、一般不妊症検査で子宮鏡検査(しきゅうきょうけんさ)を行う


事もあります。

自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月14日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊検査=精密検査 腹腔鏡検査(ふくくうきょうけんさ)」です。

次のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 卵管鏡検査(らんかんきょうけんさ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。