不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 染色体検査(せんしょくたいけんさ)


 生殖能力と関係した、性染色体異常の場合、卵巣の発育が悪かったり、


流産の原因となりますので、染色体検査(せんしょくたいけんさ)を行います。


 

 

 また、18才以上で初経がない場合には、性染色体異常の疑いがあります。

 



 染色体検査(せんしょくたいけんさ)は、採血した血液のリンパ球を


培養して、染色体の数や、構造を調べます。

 

自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月14日 14:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 抗精子抗体検査(こうせいしこうたいけんさ)」です。

次のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 フーナーテスト=性交後試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。