不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 無月経の程度と原因の診断


 月経が3ヶ月以上ない場合を、無月経と言います。




 無月経の程度に応じて、第1度無月経第2度無月経と呼んで、


それぞれ別の排卵誘発(はいらんゆうはつ)を行います。

 



ゲスターゲンテスト



 無月経で、無月経と診断を受けた方に、プロゲステロンを投与して


性器出血があれば、程度が軽い、第1度無月経となります。





エストロゲン-ゲスターゲンテスト



 ゲスターゲンテストで出血しない場合には、エストロゲンを投与


してから、ゲスターゲンを投与して、出血があるかどうか検査します。


 これで出血があれば、第2度無月経です。






LHRHテスト(エルエイチアールエイチテスト)


 月経不順や、無月経の方に、酢酸ゴナドレリンというLHRH


注射して、15分、30分、1時間、2時間後まで4回採血をします。





 LHRH(酢酸ゴナドレリン)には、脳の下垂体を刺激して


LHFSHを分泌させる作用があります。





 採血の結果、LH(エルエイチ)とFSH(エフエスエイチ)の


値がどのように変化するかを調べて、無月経の原因を診断します。

 




 ◇視床下部不全型(ししょうかぶふぜんがた)無月経



  視床下部不全型(ししょうかぶふぜんがた)の場合には、


  LHFSHもほぼ正常です。






 ◇下垂体不全型(かすいたいふぜんがた)無月経


  下垂体に問題がある場合には、LHFSHの反応が低下します。


  下垂体不全型(かすいたいふぜんがた)無月経と言います。






 ◇多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)


  LHが元々高いのが、LHRH(酢酸ゴナドレリン)でさらに


  あがる場合は、多嚢胞性卵巣型無月経、多嚢胞性卵巣


  症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)


  =PCOS(ピーコス)と言います。


  FSHはほぼ正常です。






 ◇卵巣不全型(らんそうふぜんがた)無月経


  卵巣性無月経の場合には、LHFSHが両方とも過剰に上がります。

 

 

自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月17日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 CT(シーティー)・MRI(エムアールアイ)」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般的な不妊治療 性交タイミング指導」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。