不妊治療: 一般的な不妊治療 性交タイミング指導


 
 性交タイミング指導とは、不妊治療の最初に行われる、最も基本的な


方法です。




 排卵日性交のタイミングを合わせて、自然妊娠を目ざします。




 性交タイミング指導は、超音波検査で、卵胞の大きさを測ったり、頸管粘液


(けいかんねんえき)検査や、尿検査で、LH(黄体ホルモン)検査を、排卵日が


近づくと毎日行って、排卵日を正確に予測します。




 排卵日と、性交のタイミングが合わないご夫婦が意外と多いので、


性交タイミング指導だけで妊娠する場合が結構あります。




 また、不妊の原因が分かっている場合には、薬物療法も併用して、半年から


1年ほど性交タイミング指導を行います。

 

 

 妊娠し易い時期(タイミング法)とは?という方はこちらです。 

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月18日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症の検査: 特殊不妊症検査=精密検査 無月経の程度と原因の診断」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般的な不妊治療 薬物療法 排卵障害の治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。