不妊治療: 一般的な不妊治療 薬物療法 黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)の治療


 黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)の場合には、まず、クロミフェンや、


ゴナドトロピン製剤などの、排卵誘発剤で卵胞の発育を促します。


 次に、黄体ホルモン剤や、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)で、


黄体ホルモンの分泌不足を補います。

 

 

 黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)とは?という方はこちらです。


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月19日 11:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 一般的な不妊治療 薬物療法 頸管粘液分泌不全の治療」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 薬物療法 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)・子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。