不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の手術


 不妊症の原因によって、手術療法を行います。



 最近では、開腹しないで、腹腔鏡や、子宮鏡で手術できるようになって、


身体への負担が軽くなりました。




 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の筋腫核の直径が5cm以上あって、


それが不妊の原因と思われる場合には手術で切除します。




 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の大きさや場所によって、子宮鏡や


腹腔鏡での手術で済む場合と、開腹手術が必要な場合もあります。




 子宮内膜にポリープがある場合も、子宮鏡下で取り除きます。
 




 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは?という方はこちらをクリックして下さい。


 
 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月20日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊症関係 相互リンク集 1」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)の手術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。