不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 卵管(らんかん)の手術


 不妊症の原因によって、手術療法を行います。



 最近では、開腹しないで、腹腔鏡や、子宮鏡で手術できるようになって、


身体への負担が軽くなりました。

 


 卵管障害(らんかんしょうがい)の場合には、腹腔鏡癒着


剥離します。



 また、マイクロサージェリーという顕微鏡下での手術や、


卵管鏡下卵管形成術などが行われます。

 


 卵管障害(らんかんしょうがい)とは?という方はこちらをクリックして下さい。


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月20日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)の手術」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 子宮奇形(しきゅうきけい)の手術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。