不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 精路通過障害(せいろつうかしょうがい)の手術

 
 精路通過障害(せいろつうかしょうがい)の場合には、マイクロ


サージェリーで、閉塞部分を切除して、つなぎ合わせます。




 精管精管をつなぐ場合には、閉塞していた期間が長いほど、開通率が


悪くなります。



 子供の頃受けた鼠径(そけい)ヘルニアの手術後の場合の開通率は


50%になります。




 精巣上体の場合には、手術後の開通率は80%です。

 

 

 精路通過障害(せいろつうかしょうがい)とは?という方はこちらをクリックして下さい。


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月21日 12:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 手術療法 精索製脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の手術」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 一般不妊治療 人工授精(AIH)の方法・妊娠率・費用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。