不妊治療: 不育症 染色体異常の検査・費用


 染色体検査は、血液を採取して、血液検査で行います。



 習慣流産(3回連続して流産)の夫婦の染色体を検査すると、


流産経験のない夫婦に比べてはるかに高い割合で染色体異常


認められます。
 



 夫婦の双方あるいはどちらかの染色体に異常があると、


受精卵にも異常が生じてしまいます。




 治療法はありませんが、毎回必ず流産するというわけでも


ありません。




 染色体異常と分かっても治療は出来ないので、検査を受けるか


どうかについてはよく考えてください。




 染色体検査(血液検査)の費用は、病院にもよりますが、


7千円~2万円程かかります。

 

 

 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年11月28日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療: 不育症とは?」です。

次のブログ記事は「不妊治療: 不育症 子宮の形態異常(子宮奇形・子宮筋腫・子宮腔内の癒着)と子宮頸管無力症の治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。