不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 11 受精確認(生理周期13日)(夫32才・妻37才)


 採卵が終わって、今日は、受精確認の日です。


 5個の卵はどうなったでしょうか。


 やはり期待感が大きいです。

 

 

 採卵の時に、針を刺した部分ですが、昨日の夜、自治会の会合で寒い夜道を


歩いていたら、左右の卵巣が両方ともずきずきと痛みました。


 

 暗い夜道は、誰も歩いていなかったので、痛い~と、声に出して、下腹をなで


ながら歩きました。

 

 

 昨日の採卵は、早朝でしたが、受精確認は希望の時間に予約を入れて


もらえるので、お昼前にしました。

 

 

 そうは言っても、受精確認となると朝起きてから気になって仕方なかったので、


もっと早い時間に予約を入れれば良かったです。

 


 

 

 顕微受精(ICSI)の結果です。

 

 

 5個採卵したうち、5個全部受精しました。

 

 すごいです。

 

 その内1つは、異常受精で使えないので、実質4個でした。

 

 

 

 明日は、4個の受精卵分割と、グレード(早く綺麗に分割しているとグレードが


高い)の結果が出ますとの事です。


 

 

 当初の予定通り、胚盤胞(はいばんほう)まで培養して下さいと、再度


しっかりと確認しました。

 

 

 全部の卵受精したと分かってひと安心です。

 

 ふぅー。

 

 良かったです。

 

 

 でも、異常受精って何でしょうか。

 

 異常な受精?

 

 本やネットでは、見ませんでした。

 

 悪い事は忘れましょう。

 


 

 受精確認が終わりました。

 

 これから、黄体ホルモン補充の為の注射を、連日打ちに通うことになっています。

 

 帰りにプロゲステロン?を50ml、左のおしりに打っていただいて帰りました。

 

 

 

 明日は受精卵グレードが分かります。

 

 G11番良いグレードになります。

 

 G1、G2の受精卵が出来れば、妊娠する可能性が高いのです。

 

 どきどきします。

 

 

 

 でも、私たちの受精卵がお腹の中にないというのは、とても不思議な感覚でした。

 

 

 そんな事を、今まで特に意識した事はありませんでしたが、お腹のは全部


取り出して身体の中にはなく、受精卵に姿をかえて、病院の培養液の中にいると


思うと、何とも奇妙でした。


 

 

 それに、受精卵は4つあります。

 

 

 私たちの受精卵が4つもあるんです。


 

 

 病院にいる受精卵に思いを馳せてみました。


 

 夜、薄暗い病院の培養液の中で、少しずつ分裂する私たちの受精卵です。

 

 

 イメージの中では、蛍光灯の灯が紫色でした。

 

 

 そして気になるのがです。

 

 はいつの時点で入るのでしょうか。

 

 受精の瞬間でしょうか。

 

 

 病院にいる私たちの4つの受精卵が、小さい赤ちゃんのように感じて、

 

4人いることに戸惑いを覚えました。

 

 

 

 お腹の外にいるという不思議な感覚と、4人いる事への戸惑いはしばらく

 

続きました。

 


 顕微授精 (ICSI) の方法・妊娠率・費用・リスクへ


 

 胚盤胞移植 (はいばんほういしょく)へ



 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年12月29日 12:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 10 採卵(生理周期12日)(夫32才・妻37才)」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 12 分割とグレードの確認(生理周期14日)(夫32才・妻37才)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。