不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 1 生理開始でスタート(夫32才・妻37才)

 
 ショートで翌月顕微授精(ICSI)をして、胚盤胞まで培養してから移植(ET)と


正式に決めてから8日後に生理が始まりました。



 いよいよです。



 生理開始日に病院へという事でしたが、生理が始まったのが夕方でしたので、


病院にお電話して翌朝の予約を入れました。


 こういう場合には、直前でも必ず予約を入れてもらえます。

 



 生理中の診察は初めてでした。


 最初に、生理中にすみませんと一言おことわりがありました。



 そして、いよいよ診察です。



 さて、いくつ位あるかしら? 沢山あるかしら? と楽しみにしていました。



 ところが、



 頸膣超音波で診た結果は、左右の卵巣に小さい卵胞が1つずつしかないので、


連日注射を打ってもあまり取れない



 というものでした。



 そして、これは年齢的なものとの事でした。

 



 沢山あると期待していたのでショックが大きかったです。





 体外受精の説明会で、高齢の場合は数が少ない


 というようなお話はあったでしょうか?

 



 勝手に良い方にイメージしていた事と、現実が、あまりにも


違い過ぎて、高額治療を開始してしまって良かったのかしら?と


疑問を感じ始めました。

 




 翌日から3日間排卵誘発剤ヒュメゴン(150単位 X 2の300単位)を


注射して、その翌日に診てみる事になりました。

 



 それから、排卵を止める為の鼻スプレーブセレキュア(富士製薬工業の


GnRH誘導体製剤)は、早速その日の午後から1日3回、14:00・22:00・6:00と、


きっちり8時間おきに、左右2回ずつ(必ず入るように)点すことになって、


翌日の注射の予約をして帰りました。

 



 鼻スプレーの時間は、先生に決められたものですが、起きていない時間


場合はその場で申し出て少しずらしてもらって始めるという事も出来たのかも


しれません。

 



 毎朝本来起きる時間より数時間前に目覚ましを鳴らして鼻スプレーをするのは


想像以上に大変でした。

 



 鼻スプレーを忘れると、排卵してしまうので、精神的にもプレッシャーでした。

 



 排卵誘発剤注射にも毎日病院へ通うわけですし。

 



 この日は丁度週末だったので、が帰って来ると、原始卵が2個しか


なかった事で、今後の事について話し合いをました。

 


 そして、話し合いの結果、




 まずは3日間排卵誘発剤注射を打ちに病院へ通って、次回の診察時に


まだ卵子が2つしかなかった場合



 1. 今回中止して、来月やり直した場合、多くなる可能性がある時には

   中止したい



 2. 次回にも多く育つ可能性が無く、今やめても費用だけはかかる

   という場合には、今回このまま進めるしかない



 3. 卵子が2個しか取れないのであれば、薬でホルモンを操作したりする

   必要のない、普通周期で顕微授精(ICSI)をしたい



 4. 卵子は最低4つは欲しい



 と決まって、忘れないように手帳に書き込みました。

 



 3日間排卵誘発剤の注射を打った結果がどうなるのか、どきどきしました。

 


 顕微授精 (ICSI) の方法・妊娠率・費用・リスク


 胚盤胞移植 (はいばんほういしょく)


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

 

 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年12月10日 13:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 今後の不妊治療決定 顕微授精(ICSI) 胚盤胞移植 (夫32才・妻37才)」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 2 鼻スプレー(ブセレキュア)と排卵誘発剤(ヒュメゴン)の注射(夫32才・妻37才)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。