不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 3 排卵誘発剤(ヒュメゴン)注射2日目(夫32才・妻37才)


 初めての筋肉注射を、昨日は左肩に打っていただきました。



 そうすると、時間が経つにつれて、大きく腫れ上がって熱を持って、ずきずきと


ずっと痛む事が分かったので、今日は左のおしり注射してもらう事にしました。

 



 看護婦さんからは、「注射した後、軽くクルクル揉むと良いですよ」と教えて


いただきました。

 



 病院から出て揉んでみると、あら?どれ位の強さで押して回すのがいいかしら?と、


揉めば揉むほど分からなくなって来ました。

 



 でも、とにかく今日は、出来るだけ長い時間、クルクルと揉んでおこうと思って、


病院からの帰り道、車で信号待ちをしている間にもさすっていました。

 



 そう言えば病院の待合室で、お尻や腕に手を当てて、控えめにさすっている方を、


何回か見かけた事があるという事も思い出しました。

 



 ところで、昨日排卵誘発剤(ヒュメゴン300単位)を注射していただいた


左の肩は、まだ、腫れと、痛みが続いています。

 



 まさかこんなに長引くとは想像もしていませんでした。

 



 一体いつまで痛むのでしょうか。

 



 すぐに治まるとは思えない腫れと痛みでした。

 




 今日は初めておしりに筋肉注射をしていただいて、数時間が経ちました。

 



 やはり、肩と同じ様に、時間が経つにしたがって、段々と腫れて、痛くなっては


来ましたが、腫れも、痛みも、肩ほどではなくて、おしりの方が楽という事が


分かりました。

 



 とは言ってもえ、いくらか楽という事であって、昨日注射した、左肩の


腫れと痛みに、今日注射して痛み始めた左のおしり、腫れと痛みが二ヵ所に


増えた状態で、家では、きっちり8時間おき鼻スプレーを、左右の鼻に


2回ずつ点すのを忘れないように過す事になるので、ますますつらくなって来ました。

 




 ひょっとして注射をする場所の候補が4箇所あるという事は、4日しても


腫れや痛みが引かないで、あと2日経つと、全部が腫れて痛い状態になって


しまうのではないかしら?と、初めてマイナスの方向に考えて、そんなの


嫌だわ~と、そうであって欲しくないわーと考えていました。

 

 

 でも、こういう悪い事を、はっきりと聞いて確認してしまう事は


あまり好きではありません。


 



 明日もきっと、看護婦さんに質問してみたりしないで、最初に注射を


打っていただいた左肩の、腫れや、痛み具合がどうなのか、少しは痛みが


治まったのかしら?などと様子を見ながら過ごす事になりそうでした。



 


 顕微授精 (ICSI) の方法・妊娠率・費用・リスク

 

 胚盤胞移植 (はいばんほういしょく)へ


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ


 自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2008年12月14日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 2 鼻スプレー(ブセレキュア)と排卵誘発剤(ヒュメゴン)の注射(夫32才・妻37才)」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植 4 注射3日目(生理周期5日)(夫32才・妻37才)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。