不妊治療体験談: 自然妊娠! (夫32才・妻38才)


 顕微授精(ICSI)胚盤胞移植がだめになって、21日後にリセット


(次の生理開始)しました。

 


 そして、ETが中止になって1ヵ月後には、次の次の周期になっていました。

 

 セカンドオピニオンを求めて初めてこまえクリニックに行ったのが、


生理が終った日位でした。

 


 

 そして、生理周期20日から高温期に入って、体温36.9度まで


上がりました。

 

 


 いつもだったら、36.7度の境界線を挟んでジグザグするだけなのに、


1度も境界線を下回る事なく、ついに生理周期36日(5月中旬過ぎ)に


37度に到達しました。

 

 

 普段の生理周期は28-31日です。

 


 妹から、もう使わないからと、期限が切れる直前の妊娠検査薬


1本もらったのが家にありました。


 

 

 そして、その期限もとっくに切れて1年以上経っていました。


 

 

 妊娠検査薬の説明書を読んでみました。


 

 

 すると、生理の予定日から一週間後に検査してみて下さいとあり


ました。

 

 

 

 それで、妊娠検査薬1本しかないですし、生理周期38日まで


待ってみる事にしました。

 

 

 

 今週期を振り返ってみますと、


 

 生理周期11日に、体温が36.1度まで下がった



ので、おや?と思ったものの、木曜日だったので、翌日に仲良く



しました。

 

 

 

 それから、



 体温が37度まで上がりました



が、



 また下がり、上がったり下がったりを繰り返していました。

 

 

 

 いつが排卵日だかさっぱり分からないので、一応最初に仲良くした


のが金曜日だったからと、週末に仲良くするのは無しにして、


3日空けて、次は火曜日、生理周期16日にしました。

 


 

 そして、もう高温期に入った日でしたが、週末だったので


次の土曜日、周期20日にも仲良くしました。

 


 

 高温期になってから振り返ってみても、いつが排卵日だったか


私にはよく分からなくて、生理周期17日だったかしら?と思って


いました。

 


 

 

 自分で、妊娠検査薬を試してみる日を設定していましたが、


あと2日、その2日を待つのが待ち遠しくて、時間の経つのが遅く


感じました。

 


 

 夫にも相談してみましたが、やはり、検査薬を試してみるのは


もう2日待った方がいいと言われました。

 


 

 夫が貧乏症で、私がケチなんで、その辺の感覚はよく似ています。

 


 

 元々もらったものなのに、それでもちょっと使ってみようとは


少しも思いませんでした。

 

 

 

 それでまだ家に妊娠検査薬が残っていたんですね。

 

 

 

 今まで体験談を沢山読んだ中で、予定より早く検査薬を使って


しまいましたというお話は数多くありましたが、使わないで我慢


しましたという体験談を見かけた事は1度もありません。

 

 

 

 やっと2日間が過ぎて、生理周期38日が来ました。

 

 

 

 妊娠検査薬使うのは、生まれて初めてなので、検査薬の説明書を


もう一度読んでから、お手洗いに入りました。

 

 

 

 緊張しました。

 

 

 

 妊娠検査薬におしっこをかけて、数分待つ間、検査薬を手から


離して水平に置いて、目を固く閉じて、


 どうか陽性反応が出ますように☆ミ


と胸の前で手を組んでお祈りしました。

 

 

 

 目を開けて、結果を見てみるのが怖くて、早めに見てみる事も


出来ず、そろそろかしらと思っても、なかなか目を開けられません


でした。

 

 

 

 充分時間が経ってから、そおっと目を開けてみると、検査薬


窓に線が出ているのが見えました。

 

 

 

 念のため、もう一度妊娠検査薬の説明書を確認してみて、この腺は


妊娠の陽性反応妊娠していると分かりました。

 


 

 

 嬉しい気持ちと、でもこの検査薬、使用期限を一年も過ぎている


から、結果が間違っているのではと思い始めました。

 

 

 

 いい結果が出たからと言ってぬか喜びしてはいけないわ


と、とっさに喜び過ぎないように、感情を押さえました。

 


 

 夫にメールで、


 妊娠検査薬を試したら、陽性反応が出たので、妊娠したかもしれない


と報告をしました。

 

 

 

 それから、


 

 これからどうしよう


と思いました。

 

 

 

 明日は夫と二人揃って、サードオピニオンを求めた東邦大学大森病院に


行く日です。


 

 
 少し考えて、恐らく東邦大学大森病院では、前回同様に、木場公園


クリニックの先生が診察して下さると予想して、どうするか決めました。


 

 

 予定通り、二人で、基礎体温表を持って、期限切れの検査薬を使って


みた結果を、最後にお話して、


 妊娠しているのでしょうか?


と聞いてみることに決めました。

 

 

 

 こうなってみると、男性不妊専門の先生ではなくて、不妊治療専門の


先生の方で良かったです。

 


 

 もし本当に妊娠しているとすると、もう妊娠5週になります。

 

 

 

 

 この時、「妊娠初期」には「歩かない方がいい」とは、思いもしませんでした。

 


 不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月12日 15:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: セカンドオピニオンを求めた病院で (夫32才・妻38才)」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: サードオピニオンを求めた病院で染色体検査 (夫32才・妻38才)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。