不妊治療体験談: 初めてのつわり開始(5W6D)(夫32才・妻38才)

 

 
 流産した後に、またすぐ自然妊娠してしまって、大変にとまどっていました。

 

 

 前回不妊専門の病院で赤ちゃんの袋を確認しましたが、今日は


次の診察日です。

 

 

 

 生理周期42日、5W6Dです。

 

 

 D42 だるい・気持ち悪い つわりの症状が始まりました


 D37~D51まで体温はずっと37℃以上をキープしていました。

 

 

 

 つわりは、初めての妊娠の時には全くありませんでした。


 
 全然気持ち悪くありませんでした。


 

 

 

 内診していただくと、赤ちゃんの袋はまた大きくなっていました。

 

 18.8mmになっていました。

 

 


 先生から、

 

 「予定日は4/19です。」

 

と、赤ちゃんが生まれて来る予定の日を教えていただきました。

 


 

 

 順調に育って、そして無事に生む事が出来れば、来年の4月頃には


元気な赤ちゃんをだっこ出来ます。

 

 


 1度流産した後では、それがすごく難しい事のように感じました。

 

 

 

 先生は、予定日が4/19とおっしゃった後しばらくすると、

 

 

 「今度は大丈夫でしょう」

 

 

と付け加えました。

 

 

 

 え? 先生、大丈夫だなんて、そんな事今の時点で

 

言っちゃっていいんですか?

 


と心の中で叫びながら、複雑な気持でだまっていました。

 

 

 


 家に帰ると、今度は、名付けを待って、胎児名を付ける程度に


とどめておこうと決めました。

 


 

 そして、少し考えて、胎児名を、「ぴよちゃん」と付けました。

 

 


 小鳥の雛のイメージですね。

 

 


 次の診察日は、生理周期51日、7W1Dで、10日後の診察です。

 

 


 D45 夕方から出血があって、下腹部痛がありました。

      21時に茶オリがありました。

 

 D46 熱が出ました。そして、少量の出血がありました。

 

 D49 少量の茶オリがありました。

 

 

 

 

 

 

 つわりは、お腹の赤ちゃんが元気な証です。

 

 そして、お腹の痛みや出血は、流産の兆候です。



 

 少しお腹が痛かったり、出血したら、とにかく家事などは何もしないで


すぐにお布団に横になって安静に過ごして下さい。

 

 

不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

自然妊娠する方法・妊娠し易い身体づくり教材レビュー一覧
 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月23日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 流産後すぐに自然妊娠(夫32才・妻38才) 」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 順調です(7W1D~8W0D)(夫32才・妻38才) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。