不妊治療体験談: 6周期目 人工授精(AIH)日が決まる(周期13日)(夫33才・妻39才)

    DSC05527_thumb.jpg

 人工授精も、6周期目になります。

 

 今まで5回のうち1回しか人工授精が出来なかったので、


 来月、卵管が通っていない方の卵巣からの排卵の


場合にはまた顕微授精(ICSI)をしてみる事に決まりました。

 


 今週期は卵管が通っている左側の卵巣からの排卵なので


人工授精(AIH)になりました。

 


 顕微授精が少なくとも1ヶ月は先送りされたので


ほっとしています。

 


 今日は不妊専門の病院で診察していただいて、卵胞の


育ち具合で、いつ人工授精をするかが決まります。

 


 待合室は月曜日にしては比較的空いていました。


 受付で30分外出しますと断って出て、頼まれていた無漂白の


カットメンを10袋買ったり、イトー屋をブラブラ見ながら


病院へ戻りました。

 


 一旦車に荷物を置いてから戻ると、待合室はもう混み


合っていました。

 


 ソファーの隙間に座らせていただいて、置いてたる雑誌


赤ちゃんが欲しい」を見ました。

 


 今回手に取った号は西村知美ちゃんが1番最初に載って


いる号で、出産後最初の記事みたいでした。

 


 読んだ事があるのを覚えているのですが、前回読んだ記事に


流産3回と書いてあったので、この記事にもあるか確認したら


やはりありませんでした。

 


 やっぱりそういう事はあまり触れないんですね。

 


 ただ実際にはとても多いので、同じ経験をした人の為に


書いてくれるとありがたいです。

 


 先日読んだ記事は、後から頼まれて、同じように何度も


流産の経験をした人を励ます為に敢えて記事に載せたので


しょう。

 


 先日読んだ方の号は、今度よく調べて購入したいと思い


ます。

 


 今日は病院に着いた時すいていただけあって、診察券を


出してから40分、外出先から戻って10分で呼ばれました。

 


 お部屋の前で15分待って、中に入って、先生とご挨拶も


含めて5秒お話して、すぐ外に出て、内診室の順番を10分


待って、1分内診したらまた外に出て10分待って、先生と


1分お話したら、また外で3分待って、今日は尿検査をして


外で10分待って、また先生と1分お話して終了!、

 


待合室に戻って、5分待ってお会計して帰りました。

 


 比較的空いていた割りには待ち時間が長くて、結局全部で


1時間40分もかかりました。

 


 肝心の診察結果ですが、意外にも卵管が通っていない右の


卵巣の方に29mmという巨大な卵胞がありました。

 


 何と今月も右の卵巣からの排卵だったのです。

 


 20mmで排卵されないんですね。

 


 そして肝心の卵管が通っている方の卵巣に出来ていた


卵胞は19.6mmに育っていました。

 


 という事は、クロミッドの効果があった!という事ですね。

 


 とても嬉しいです。

 


 尿検査の結果が微妙に薄いので、明日ではなく、明後日の


人工授精という事に決まって、今晩の22時と、23時に、


1番最初の顕微授精の時に使って冷蔵庫保存してある


ブセレキュアという鼻スプレーをを左右の鼻に1回ずつ


点鼻して、排卵を調整する事になりました。

 


 今晩ブセレキュアをスプレーしておけば、明後日の午前中に


丁度排卵されるように調整出来ます。

 


 今回は、右の卵巣からの排卵(1番大きい卵胞がという事です。)

 


だったので、点鼻しておけば、今日19.6mmだったの左の卵巣に


出来ている卵胞も明後日一緒に排卵される可能性がある


そうです。

 


 可能性がある?

 


 可能性がある程度なんですね。

 


 あまり排卵する見込みはないという事なのでしょうか?

 


 どうなんでしょう。

 


 先生とは、忙しすぎてお話する時間はあまりなくて、


ひたすらお話を頭に入れるだけが精一杯です。

 


 それにしても、先月は人工授精がまさかの中止で終わった


ので、今月は何とか中止にはならないで欲しいです。

 


 今月も右の卵巣からの排卵だったという事は、確率から


いったら(夫に言うといつも確立は同じと言われますが...)


来月は左の卵巣からの排卵という事になるので、来月も


顕微授精ではなくて、人工授精が出来そうです。

 


 それはそれで、私としては、顕微授精がまた1ヶ月先送りに


なるので嬉しいです。

 


 そう思うとものすごく気が楽になります。

 

 

 

 今、皆既日食をTVで観ました。

 すごいですね~。

 コロナとプロミナンス?が素晴らしかったです。

 

 


 鼻スプレーを忘れないように、22時に目覚ましをかけました。

 


 ブセレキュアは、去年ショートで顕微授精(ICSI)をした


時に使ったもので、使い切らずに残っているものです。

 


 ネットで色々調べていると、冷蔵庫で保管しているという


記録を沢山見かけたので、私も同じ様にそうしていました。

 


 ブセレキュアは保険が効かなくて、1本1万円もする高価な


ものなので、そうそう簡単にポイっとは捨てられないですね。

 


 顕微授精をしてから1年半経っているので、先生に


 「持っています。


  冷蔵庫に保管してあります」


と申し上げた時には、かなり驚かれました。

 


 人工授精が翌日の場合には注射で、明後日に決まった時には


この点鼻スプレーをするようです。

 


 人工授精が最終的に中止になる場合でも、注射


ブセレキュアを使いますので、治療費としては結構かかります。

 


 ブセレキュアも、そういつまでもは持たないので、


なくなって次の1本を購入する日が近づいています。

 


 今年は人工授精を1度しかしていないのに、もう2人分の


医療費は交通費を入れて10万円を越えています。

 


 そういう風に考えると、1月に顕微授精(ICSI)をしても


良かったのかもしれないですね。

 


 今日手に取った「赤ちゃんが欲しい」には、最初の


体外受精で妊娠した人もいれば、半年に1度ホテルを取って、


小旅行気分で飛行機で都会に出て来て顕微授精(ICSI)を


してもらう事に決めたというカップルもいらっしゃいました。

 


 半年に1度というのは、年に2度ボーナスが出る度にという


事ですが、そうやって遠くから通っていらっしゃる方は


交通費もかさんで大変だと思います。

 


 今ですと、不景気でボーナスがなしという場合もありますし。

 

 

 


 忘れる訳もないのですが、目覚ましが鳴って、22時と


23時にブセレキュアを左右の鼻に2度ずつスプレーしました。

 


 スプレーする事自体は、初めての顕微授精の時と比べると


すっかりうまくなっていました。

 


 よく思いますが、何事も少し時間をおくと上達している


というのはどういう訳ででしょうか。

 

 筋肉は少しお休みを入れた方が付くというのにも似て


いますね。

 


 スプレーはうまく出来ましたが、5分すると液が喉に降りて


きて変な味がします。

 


 目薬をさした後と似たような感じですね。
 

 

 

 右に29mmの卵胞が出来ていたのに、尿検査(排卵検査薬)の


結果がうすかったのは、どういう事でしょうか。

 


 やはり自力では排卵しないという事なのでしょうか。

 


 右側は卵管が入口付近で詰まっているので、右側の卵巣から


排卵しなかったとしてもいいのですが・・・。

 

 

 今月も、先月に続いて、右の卵巣からの排卵だったと


分かりましたので、クロミッドの効果で左の卵巣の卵胞も


消えてしまわずに20mm近くに育っていると分かっても、


実はあまり期待を持っていませんでした。

 

 

 気持ち的には、1番大きい卵胞でないと妊娠しないような


感じがしていたのです。

 


 それだったらクロミッドを飲む必要なんてないですよね。

 


 でも、あんまり信じていなくても、可能性がない訳では


ないので、クロミッドを飲んで、卵管が詰まっていない


左の卵巣からも排卵されるようにしていました。

 

 

 「クロミッドも飲みません!」


と言うと、私達の場合、人工授精(AIH)で妊娠する確率も、


 「宝くじに当たるような確率です」


と先生から言われているので、人工授精をしてみること自体が


できなくなってしまいます。

 


 なので、言えません(笑)

 

 

 今週期は無事に人工授精が出来るでしょうか。

 


 過去5回のうち1回しか人工授精が出来ていないので、


あまり期待は出来ませんが、今度は出来そうな気がします。

 


 

 

 

 でもまさか、これで妊娠するとまでは期待していませんでした。


 

自然妊娠する方法・妊娠しやい体づくり教材一覧

不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年7月22日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 6周期目は人工授精か顕微授精(周期11日)(夫33才・妻39才)」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 6周期目 人工授精(AIH)当日 (周期15日)(夫33才・妻39才) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。