不妊治療体験談: 6周期目は人工授精か顕微授精(周期11日)(夫33才・妻39才)

 DSC05555_thumb.jpg

 人工授精を続けるか、顕微授精をもう一度してみるか、


 今後どうして行くか、悩みに悩みましたが、ようやく


 卵管が閉塞している右の卵巣からの排卵で、


クロミッド効果で卵胞が2つ出来ている時には顕微授精(ICSI)をしてみよう!


という事に決まりました。

 


 病院に行く日が丁度土曜日に重なったので、夫婦2人で病院に


行きました。

 


 お休みの日なので激混みでした。

 

 駐車場には止められないと、近くの手芸屋さんに駐車させて


もらって、手作りテディベア用に茶系のフェルトを8枚買いました。

 


 診察券を出してから1時間待ちで呼ばれました。

 


 最初に先生に、今日は後で今後の事についてお話したいと


お話しておいて、内診後に夫も一緒に入りました。

 


 内診の結果、今回は卵管が詰まっていない左の卵巣からの


排卵で、残念ながらクロミッドの効果はなくて、卵胞は1つだけ


でした。

 


 またクロミッドの効果がなかったのはショックでした。

 


 卵胞の大きさは生理周期11日で16mmでした。

 


 普通の大きさです。

 


 来週の火曜日か水曜日が排卵日でしょうという事で、月曜日に


再度病院で内診して、その結果、排卵日が火曜日になるか


水曜日になるか予想して、そのどちらかに人工授精をする事に


決まりました。

 


 今月は卵管が詰まっていない左の卵巣からの排卵で良かった


です。

 


 今週期の治療が人工授精と決まったので、その後、今後の事を


先生にお話しました。

 


 前の周期の時のように、卵管が詰まっている右の卵巣に


クロミッドの効果で卵胞が2つ出来た場合には、もう一度


顕微授精をしてみたい!と希望をお話すると、先生は、

 

 「次の周期は顕微授精という事で準備をしておいて、もし卵管が


通っている左の卵巣からの排卵の場合は顕微授精の予定を


人工授精に切りかえる。という事になります」

 

とおっしゃいました。

 

 なるほど。


 そう言われてみるとそうですね。

 

 やっぱり先生とお話してみないと、自分たちだけで考えて


いてもそういう具体的な事は分からないです。

 

 とりあえず顕微授精の予定が、少なくとも1ヵ月以上は先送りに


なった事と、先生にお話出来た事で、気持ちがすごく軽くなって


落ち着きました。

 


 1ヵ月余裕が出来てみると、今周期の人工授精で妊娠すれば


いいのよね!と前向きな気持ちも生まれました。

 


 不妊専門の病院の待合室で待っている間に、バックナンバーが


沢山置いてある雑誌「赤ちゃんが欲しい」で、西村知美ちゃんの


出産後のインタビュー記事を読んで、彼女が3度も流産していた


事を知りました。

 


 前に西村知美ちゃんの不妊症の記事を読んだ事があるはず


ですが、そうだったでしょうか?

 


 そこまで書いていなかった気がするのですが。

 


 西村知美ちゃんは、3度流産した後の妊娠で、5週で全く袋も


見えなかったのが、次の検診で赤ちゃんが2cmに育っていて、


心拍がものすごく早かったと書かれていて、その記事には


かなり勇気付けられました。

 


 やっぱり流産を繰り返すと、今度も駄目かもしれないと


思いがちですが、

 

 それでも大丈夫な時はある!

 

と少しは現実的に信じられるようになりました。

 


 不妊治療はあまり前のめりの気持ちは良くないと言いますが


前向きな気持ちがないと奇跡も起こらないと思います。

 


 徹子の部屋で丁度西条秀樹さんが脳梗塞から1年で話せる


ように回復したという話をしていたのにも随分勇気付けられ


ました。

 


 西条秀樹さんは、


 「やっぱり「気」ですよ!」


と力強く語っていました。

 


 徹子さんは、同じ様な方を元気付けるために、とても丁寧に


特に大変だった時のお話などを詳しく聞き出して、私たちに


分かりやすく伝えてくださるのでありがたいですね。

  
 

 結論が出ても、まだ気持が揺れていたので、今週期が左からの


排卵で本当に良かったです。

 


 それにしても、卵管の詰まっている右の卵巣に出来る卵胞


ですが、いつも巨大な卵胞が後から発見されます。

 


 右側は卵管が入口付近で詰まっているだけではなくて、


卵巣から排卵しにくいか、排卵していないのでしょうか。

 


 その点がいつも気になるのに、先生からは何も言われた事が


ありません。
 

 

 今週期も人工授精(AIH)と決まりました。

 

 明後日再度診察してから、人工授精の日が決まります。

 

 

 

 この周期の人工授精出産に繋がる妊娠をする事になります。
 

自然妊娠する方法・妊娠しやい体づくり教材一覧

不妊.com 「40代で高齢出産初産する為に今できる事」 記事一覧 へ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年7月17日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療体験談: 人工授精(AIH)を続けていくのか (夫33才・妻39才) 」です。

次のブログ記事は「不妊治療体験談: 6周期目 人工授精(AIH)日が決まる(周期13日)(夫33才・妻39才) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。